ホームページは役に立つか

とても役に立つ場合と、あまり役に立たない場合があります。

しかし、ひとつ言えることは、大半の紛争で、和解が行われるときに、その条件として、必ずと言っていいほど、業者側はホームページの閉鎖を求めてくるという事実です。
それはとりもなおさず、業者はホームページの存在を「とても気にする」ということです。

当サイトのリンクをご覧になれば一目瞭然ですが、「勝利報告」のホームページはほとんどありません。
しかし、それは住民が99%負けている、ということではなくて、合意に達したところでは、ごくわずかな例外を除いて、ホームページを閉鎖しているからです。じつは管理人が実体験した紛争のサイトも、業者との和解とともに閉鎖しています。

つまり、そこまで業者にとって、ホームページは「とても目障りなもの」なのです。
そういう意味では、作るだけでも無駄ではありません。

そして、まったくHTMLの知識のない方でも、ホームページ作成ソフトや、無料作成サービスなどを使えば、ホームページの立ち上げそのものは、さほど難しいことではなく、出費もうまくやれば一円もかからない、というのも、大きなメリットです。

もちろん、どうせ作るなら、効果的なホームページを作ったほうがいいのは当然です。
実際に、役所やマスコミ関係者などの間でも話題になるような、効果的かつ高アクセスのホームページをつくったおかげで、垂れ幕やポスターを作るまでもなく、マンション業者の謝罪と有利な和解を勝ち取ったケースもあるのです。

まず、重要なのは、内容がわかりやすく明確なホームページを作ること。
企業やお店の宣伝サイトではないので、デザイン的に凝ったおしゃれなものを作る必要はありません。
(むしろ、住民の会に、プロのWebデザイナーの方がおられるとしても、FLASHを使うなど、あまりにおしゃれでスタイリッシュなサイトだと「素人の住民が業者の横暴と戦っている」というイメージが崩れ、マイナス効果になることもありますので、ご注意)
重要なのは、シンプルで、わかりやすいこと。

・会の名称と、住民のスタンス(誰が、なにを訴えようとしているのか)
・建設予定地と建築予定の建物のデータ、マンション業者の名前等(わかる範囲で、できるだけ具体的に)
・建築計画の問題点(箇条書きで)
・これまでの経過

最低限、これぐらいの項目のページはつくって、それぞれ、トップページから、わかりやすいリンクで入れるようにしてください。
いくら良い内容でも、いちいちページを最後まで読んでいかないと、次のページに行くことができないような仕組みのサイトは、非常に読みにくいものです。

ひどいものになると、感情的な文章が並ぶばかりで、紛争地の正確な場所や住民の会の名前、紛争対象すらはっきりしないページもあります。そういうホームページで、いかに建設工事の被害のひどさを訴えても、非常に少数の人の同情は引けるかもしれませんが、残念ながら、ほとんど効果はありません。

また、Wordなどのワープロソフトでホームページを作るとありがちなのですが、不要なタグが大量に入り、ほとんど文章だけのページなのに、表示にえらく時間がかかる重いサイトがあります。そういうサイトは、いくら内容がすばらしくても、ブロードバンド環境でない人には、読んでいてつらいものとなります。したがって、二度と来てもらえない確率が高くなります。
作ったページが、異常に重くなっていないかどうか、確認が必要です。
一般的に、ワープロソフトで作るのはお勧めできません。ワープロ感覚でホームページを作ることができるHTML作成専用ソフトが、無料でもすぐれたものが出てきていますので、そういったものを利用することもできます。(リンク集でご紹介していますので、そちらを参照してください)

音の出るサイトも厳禁です。ホームページ作成ソフトにそういう機能がついているとつい使いたくなるのはわかりますが、役所や公共の場から見る人だっているのです。いきなり音が鳴ったらすぐに閉じて、二度と見ようとはしないでしょう。だいたい、マンション紛争に音楽なんてなんの関連もないのですし。

それから、丸付き数字・ローマ数字・半角カタカナなどの機種依存文字(特に注意!)や特殊な JavaScript などが多いため、制作者と同じブラウザ・PC環境でないと、正しく表示されないようなページも見受けられます。あらゆる環境を想定するのは不可能ですが、うっかり使ってしまいがちな丸付き数字や、あまり一般的ではない JavaScript 、対応ブラウザに依存するタグなどの使用には気をつけてください。

強調したいのはわかりますが、ひとつの文章中に、やたらにたくさんの色を使ったり、アンダーラインをいれるのも、リンク部分と紛らわしくなるだけではなく、デザインセンスの低い人がやると、非常に読みづらいページになることが多いので注意しましょう。

また、ホームページを作ると、稀ではありますが、嫌がらせがあったり、場合によっては個人を特定されることがありますので、住民の方が個人で加入されているインターネット・プロバイダから提供されるスペースよりも、独立のスペースで運営されることをおすすめします。

この場合、出費を押さえるために、無料のホームページスペースを使われるケースが多いですが、これらの無料スペースの大半では広告が入ります。
これはやむをえない部分もありますが、なるべくなら、ポップアップではなく、広告バナーが下部につくものを選ぶと、読む人には親切です。

広告が上部に入る、Yahoo Geocity などの無料スペースを使われる場合には、フレーム構成にすると、広告がフレームの数だけ、上部に入ってしまいます。その結果として、横割りのフレーム構成にすると、ホームページの大半が広告で埋まってしまい、ごちゃごちゃするだけではなく、文字通り、なんのページだかわからなくなってしまうこともあるので、気をつけてください。また、無料スペースのもうひとつの問題は、アドレスが非常に長くなったり、覚えにくいものになることです。

独自ドメインまでとる必要はありませんが、リンク先からでないと到底たどりつけないような(ビラや立看板に書けない、自分でもアドレスを覚えられないような)長たらしい英数字の羅列が続くアドレスは、できるだけ避けた方が、アクセスアップにもつながります。

ホームページは、自分たちの自己満足のために作るのではありません。興味を持った人が、訪れやすく、また、訪れた人に親切でわかりやすいサイト(そして、それゆえに、業者側が脅威を感じるようなサイト)でなければならないのです。

いま、過当競争のせいもあって、レンタルサーバーの値段は、ひところに比べて、ほんとうに激安になっています。
無料にこだわって、長くて覚えにくいアドレスと大量の広告のついたサイトを作るより、月に100円か200円ぐらいの費用で、すっきりしたアドレスで広告もないサイトの方が、訪れた人の印象はずいぶん違ったものになります。
月200円〜250円も出せば、初期費用無料で「http://www.○○.com」独自ドメインが使えるところだってあるのです。
(こういった情報は、「リンク集」でもご紹介しています。)

どうしても、無料スペースで探したい場合でも、一手間かけて、丁重に検索してみましょう。広告なしか、広告があっても、うるさくないスペースが、ちゃんと見つかります。 そのわずかな手間さえ惜しむぐらいなら、紛争ははじめから負けたも同然です。

また、今はやりのBlogを使うという手もあります。
Blogの利点は、誰でも簡単に、こまめに更新できる点ですが、問題点としては、更新すればするほど、最初に書いた文章が下の方に行ってしまうことです。
そこで、管理人のお薦めする、もっとも賢い使い方は、ホームページとBlog(ブログ)を組み合わせて使うこと。
トップページと初めて来た方に読んでもらいたい基本情報は、ふつうのホームページとして作成し、こまめな更新が予測できる「現在の経過」「説明会報告」などは、ブログにするのです。これなら、ホームページに詳しくない方が担当になっても、リアルタイムに更新が可能です。
無料ブログもいまは、いろいろあります。

もうひとつの注意事項は、メールアドレスです。
せっかく作ったホームページに連絡先がないと信頼性を疑われますが、大量の嫌がらせメールやアダルト広告のスパムメールなどが来る可能性もありますので、プロバイダからもらったあなたのメールアドレスを使うことは、おすすめしません。
かといって、無料サーバーだと、メールアドレスはついていないか、ついていても広告つきだったり、制限が多かったりします。(残念ですが、いまや、YahooメールとHotmail は、アダルト系のスパムに使われることが多いので、受信拒否設定をしている人も多く、また、同じ理由で迷惑メールフィルタにはじかれることがあるので、その可能性を考慮のうえ、お使いになることを勧めます)

無料メールで、比較的、信頼性の高いところに、こちらがあります。月100円の有料アドレスなら、Webメールや転送メールもできるので、サイト管理者の立場(会社や外出先・出張先からアクセスすることが多い人など)によっては、なかなか使えます。管理人もお世話になりました。(じつは、今もお世話になっています)

さて、これで、サイト開設の準備ができました。
次は肝心の中身です。

文章は、名文であることより、一にも二にも、要旨が明快でわかりやすいものであること。抽象論や一般論ではなく、具体的・現実的な内容になるようにしましょう。ひとつの文章を短めにして、段落区切りには空白行を入れるようにすると、読みやすいものになります。内容が複雑な場合は、箇条書きや表にするのもポイントです。
被害がある場合などは、必ず、具体的に書いてください。

いうまでもなく、写真の使用は、非常に効果的です。
なんといっても、百聞は一見にしかず。
ただ、だからといって調子に乗って、サイズの大きな写真をたくさんいれると、非常に見づらく、重いページになってしまいます。すべての人が、ブロードバンド環境で見ているわけではないのです。まして、何が言いたいのかはっきりしない、単なる建築現場を下から撮影しただけの写真や、ぼやけたような写真なら、ない方がはるかにすっきりします。
(同じ理由で、単なる飾りだけの画像はなるべくいれないほうがよろしいでしょう)

名ショットを出そうとする必要はありませんが、最低限、ピントぐらいは合っているものをほどほどの大きさで出すのが現実的です。大きく見てもらいたい場合は、サムネイル(小さな写真)をクリックすると、拡大写真が表示されるようにすると、見たい人だけが見ることができます。

【例】(写真をクリックしてみてください)
壁の割れた写真

ここで、プロ写真家からのアドバイス。
「欲張って、あれもこれもと一枚に入れようとしないこと。素人写真にありがちなのは、ディズニーランドに行って、シンデレラ城もミッキーマウスも自分の子供も、ぜんぶ一枚におさめようとした結果、たしかに一枚にはおさまっていて、ディズニーランドに行ったことはわかるが、子供の顔が小さすぎて、笑顔なのか泣き顔なのかもはっきりしない、というパターンです。
なにをどう撮したいのかを考えること。クローズアップを効果的に使うと、迫力のある写真が撮れます。」

危険な道路、工事車両の事故、工事被害などの写真は、非常に効果的です。
また、工事現場を撮るなら、俯瞰撮影が効果的です。住民の会の中に、俯瞰できるようなマンションに住んでおられる方がいたら簡単ですが、そうでなければ、管理人さんの許可をもらって、近くのマンションやビルの屋上に上ると、案外簡単に撮れます。
そういうものがない場合、屋根に登って撮るという手もあります。ただし、足場に気をつけて。

当然のことですが、ホームページをつくったら、単にアップロードするだけでは、仲間内だけしか見てくれません。
最低限、GoogleInfoseek という検索サイトには、登録します。(ただし、反映されるのに、1週間〜2ヶ月ぐらいかかります)
審査があるので、簡単ではありませんが、Yahoo にもトライしてみましょう。
(ここの登録サイトになると、アクセスが一気に増えます)
(現在は登録は不要です)

そして、他のマンション問題サイトとメールで連絡を取って、相互リンクのお願いをします。向こうからリンクして頂くだけではなくて、こちらからもリンクを貼ります。それが助け合いというものです。
告発系サイトなどとの相互リンクも有効です。
その他、ひんしゅくを買わない程度に、あちこちの掲示板などで宣伝してみましょう。

また、マンション問題は、日々状況が変わります。ある程度こまめに更新する必要があります。というか、作りっぱなしで放っておくなら、大した効果はないと思ってください。

ホームページができて、それが業者の知るところになると、業者は、なんとかしてホームページを取り下げさせようとすることがあります。
ホームページ作成者への圧力を避けるために、誰が作っているのかを秘密にするのは効果的です。
(ばれたからといって、騒ぐほどのことでもないですが、業者は誰がつくっているかわからないと、より動揺します)

業者が訴えるぞと言ってくることもあります。しかし、事実だけを述べたホームページであるなら、訴えられても恐れることはありません。むしろ、表現の自由を侵害したとして、逆告訴もできます。そうなれば、マスコミネタになりますから、住民の思うつぼだと思ってください。

必ずしもおすすめしませんが、あなたにある程度インターネット経験があって、なおかつ、度胸があるなら、e-mansion、Yahoo! や「2ちゃんねる」などの掲示板を利用するのも手です。

2ちゃんねるとは、かつては、あの酒鬼薔薇聖人君が猫殺しの書き込みをしたり、映画やドラマにまでなった「電車男」などで有名な巨大掲示板です。新聞などでも、ときどき裁判沙汰になるならないの記事が出ています。
かなり危ない人たちも出入りしていますが、ものすごいアクセスもあるところです。
したがって、ここで話題になれば、アクセスが非常に増加します。

ただし、ここに書き込むと、ネット右翼と呼ばれる方たち(住民運動を病的に敵視していて、しかも暇な人たち。住民の会の人間に対して「プロ市民」という独特の用語で罵倒しようとするので、すぐわかります)からの嫌がらせの書き込みや、場合によっては嫌がらせメールも殺到します。(あなたの運動のホームページ内に独自のBBSやコメント書き込み自由のBlogなどを作っているなら、挑発することになるので、絶対やめた方がいいでしょう。こういった人たちが、あなたのホームページの掲示板でも、悪意に満ちた書き込みを怒濤のように始める可能性があります)

そのようなこともあるので、前に書いたように、メールアドレスは、できれば別にしておくのが望ましいのですが、しかし、不必要に神経質になることもありません。
実際に、ネット右翼の人たちが、嫌がらせを実際の行動に移したというケースは聞いたことがありませんし、その多量のゴミの中に、当の建設会社の社員の人からの内部告発メールや、真面目なアドバイスもあります。その中には、非常に役立つ情報が混ざっていることがあります。

マンション問題で新規のスレッドを作らなくても、捜してみると、問題の相手業者に関するスレッドがすでにあることもあります。そういうところの発言をチェックしてみると、その業者の内情や、同じ業者のマンションの他地区の反対運動の情報などが手にはいることもあります。(ただ、掲示板の内容は、ガセネタであることも多いので、そのことは了承しておくこと)

当然ですが、e-mansionや2ちゃんねるに書き込む場合、あなたがどこの誰かわからないようにしておくのは最低限の常識です。また、掲示板ってなに?、と思っているレベルの方は、手を出さないのが無難です。
うまくやれば、けっこうなアクセスを稼ぎ、敵の業者をかなり動揺させることができます。ただし、あくまで誹謗中傷は避けましょう。いくら無記名でも特定されて訴えられ、敗訴することがあります。

追記:最近、2ちゃんねるなどの外部掲示板に書き込みをしていないにもかかわらず、独自BBSで、ネット右翼による嫌がらせの大量書き込みが行われたり、そういった人たちと思われる人に、運動の垂れ幕などが破損されたケースが、当サイトに報告されてきています。その中には、相手業者やその関連会社の社員が、嫌がらせ行為を行っている疑いが濃厚なケースがあり、現在調査中です。

悪意の書き込みによる掲示板荒らしは、そのサイトにとって一利もありません。なぜなら、まともな議論や情報交換を阻害し、アクセス者や運営者を不愉快にさせ、疲れさせることにしかならないし、まさにそれが、掲示板荒らしをやる人の目的だからです。

もし、こういった掲示板荒らしが始まった場合、そのサイトのイメージそのものが低下してしまう前に、サイト管理者の方は、すみやかに以下の行動を実践してください。

  1. 掲示板(BBS)の管理ページに入って、荒らしている人のIPアドレスを確認し、記録に取った上で、削除する。
  2. そのIPアドレスが、同じものであるか、不特定多数であるかを確認する。
  3. 同じものであるか、少数である場合、悪質度(度を超した回数・分量である、脅迫のようにとれる内容であるなど)によっては、警察に被害届を出す。相手が会社のサーバーなどを使っている場合は、警察に届け、弁護士に相談する。(会社には社員の管理義務があります)。
    そこまで悪質ではない場合、相手が掲示板に書き込めないように、問題IPを接続拒否に設定する。
  4. 相手が不特定多数である、掲示板の設定の変更などができない、IPアドレスの確認のやり方がわからないなどの場合は、掲示板の閉鎖を検討する。

この場合、掲示板を閉鎖することは、「負け」ではないことに注意してください。そもそもマンション紛争のサイトとは、問題を世間に知らしめることにあるわけで、連絡先であるメールアドレスさえ表示してあれば、掲示板はそもそも必要なものではないのです。単なるヒマで馬鹿な人間のために、真剣に運動をやっている人の貴重な時間や労力を浪費する必要はありません。

「反対意見だからといって、書き込みを削除するのは民主主義に反するのではないか」と、それらの嫌がらせ書き込みに、一生懸命、管理者の方が対応しておられたケースもありましたが、はっきり申し上げて、徒労です。そのエネルギーは業者に対して向けられるべきでもので、他人に対して匿名で嫌がらせをしたいだけの卑怯な人間に対して、誠意を持って対応する必要はありませんし、そういった人は「誰かにかまってもらいたいから、そういう行為を行う」ケースも多いのです。誠意を持って対応すればするほど、悪意の書き込みはエスカレートし、まともな人は嫌気がさしてアクセスしなくなり、掲示板に気を取られて、肝心のメインページの更新ができなくなったり、世話人が疲れ果てて、業者との対応がおろそかになってしまっては、本末転倒です。
(この理由により、管理人は個人的には、マンション紛争関連のホームページに掲示板を併設することを、あまり推奨いたしません)

また、紛争のホームページにアクセスカウンタを取り付けることも、あまり推奨いたしません。一日にサイトを見た人が何人いるかという情報を、それ相応の戦略があるならいざしらず、そうでないなら、あえてわざわざ業者側に開示する必要があるのか、ということを考えてみましょう。

結論から言いますと、「派手な色彩や背景」「音声や動画」「掲示板」「アクセスカウンタ」などは、プロバイダのホームページ作成サービスにはてんこもりでついていることが多いので、つい「使ってみたい」気持ちになりがちなのですが、欲張りすぎると逆効果になることもあるということです。